ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 大学院 > カリキュラム・専攻コース紹介(修士課程)

カリキュラム・専攻コース紹介(修士課程)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月1日更新

看護学研究科看護学専攻の特徴

1 専門看護師コースでは、4つの専門領域を設定

専門看護師のコースでは、5つの専門領域を設定 平成21年度に開設した「専門看護師コース」では、時代のニーズを反映し、「小児看護学」、「がん看護学」、「精神看護学」、「災害看護学」の4つの専門領域を設けています。

2 看護専門職者が働きながら大学院で学べる環境を提供

リーダーとして社会に貢献できる能力を兼ね備えた人材養成 働きながら大学院で学ぶ者に対し、
(1)金曜日、土曜日に授業科目を開講する
(2)情報ネットワークの利用による研究指導
などにより就学上の便宜を図っています。
(3)個人の事情に応じて、学納金総額を2年制のものと同額とし、履修期間を3年間に延長します。
※詳しくは、本学教務学生課にお問い合わせください。

3 リーダーとして社会に貢献できる能力を兼ね備えた人材養成

 ヒューマン・ケアリングの観点から看護実践を科学的に追及し、リーダーとして社会に貢献できる能力を兼ね備えた管理者、研究・教育者及び専門看護師の養成を目指しています。そこで、共通基礎科目として「ケアリング哲学・倫理」「看護研究I.II」「看護理論」「教育哲学」「看護教育・管理学特論I・II」「コンサルテーション論」「看護政策論」を設定しています。(H25年度以降 入学生)

4 高度な看護専門職者としての実践力を持った人材を培う

ヒューマン・ケアリングを柱にした教育内容 臨床や臨地で高度な看護専門職者としての実践力を持った人材を培うために共通専門科目として「臨床薬理学」「病態治療学」「生体機能学」「保健福祉行政論」「疫学」「統計学」「災害看護論」を設定しています。

5 ヒューマン・ケアリングを柱にした教育内容 

 教育内容は、ヒューマン・ケアリングを柱にし、これらのキーワードを基に9つの専攻領域を設定しています。

看護学研究科看護学専攻のコース

 「教育・研究者コース」は、卒業後、大学・大学院の教員または研究者あるいは病院などの看護管理者を育成することを目標にし、9つの専門領域で構成されています。
 「専門看護師コース」は、卒業後、専門看護師として看護の実践の場でリーダーとなる人を育成することを目標にし、4つの専門領域で構成されています。

本研究科のコース

 

専門看護師について

 専門看護師とは、看護学研究科の修士課程で、特定の専門領域ごとに日本看護系大学協議会で認定されたカリキュラムによって学習し、卒業後にある一定の期間実務経験を積んだ後、日本看護協会専門看護師認定試験を受験し、合格した後に得られる資格です。現在9分野が特定されています。資格取得後は、特定の臨床場面において、高度実践能力を有し、相談、教育、調整、研究、倫理調整などの役割を担うことができます。本学の「専門看護師コース」は、日本看護系大学協議会にカリキュラム審査を申請認可を受けています。

認定看護管理者への道

 下記の要件を満たす者で、同時に本学の大学院看護学研究科(修士課程)において看護管理学を専攻し、修士(看護学)の学位を取得しなければなりません。認定看護管理者の認定審査の受験資格を得るためには、日本国内の保健師・助産師及び看護師のいずれかの免許を有し、実務経験が5年以上であることが前提条件となっています。

(要件)
 看護師長以上の職位での管理経験が3年以上あり、学位を取得した者、または実務経験が通算5年以上で、うち修士課程修了後の実務経験が3年以上ある者

※詳しくは、社団法人 日本看護協会にお問い合わせください。


Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)