ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 本学について > 教育理念

教育理念

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月2日更新

教育理念

学士課程

 日本赤十字広島看護大学は、赤十字の理想とする人道の理念に基づき、広く知識を授けるともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的・道徳的および応用能力を育むことにより、国内外の保健・医療・福祉の分野で幅広く活躍できる有能な人材を育成し、看護学の発展及び人類の福祉の向上に寄与することを目的としています。

 この目的の実現に向けて、学士課程においては、グローバルな視点に基づく豊かな人間性と幅広い教養、学問的基盤を涵養し、生命の尊厳と人類の叡智を基調としたヒューマンケアリングに基づく看護を実践できる人材の育成を目指します。

 

修士課程

 日本赤十字広島看護大学は、赤十字の理想とする人道の理念に基づき、広く知識を授けるともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的・道徳的および応用能力を育むことにより、国内外の保健・医療・福祉の分野で幅広く活躍できる有能な人材を育成し、看護学の発展及び人類の福祉の向上に寄与することを目的としています。

 この目的の実現に向けて、大学院修士課程においては、グローバルな視点に基づく豊かな人間性と幅広い教養、学問的基盤をより深化・発展させ、生命の尊厳と人類の叡智を基調としたヒューマンケアリングの真の意味と価値を学修することにより、知的複眼思考と論理的思考を備えた、看護学の教育、研究ができる質の高い教育・研究者、また、発展的に高度な看護を実践できる優れた人材の育成を目指します。

 

博士課程

 共同看護学専攻の理念は、赤十字の理念である「人道(humanity)」の実現を目指し、いかなる場合でも一人ひとりの尊厳を守り、人々が有する平和と健康に生きる権利について看護を通して実現することです。

 さらに、高度な実践知を基盤として、自立した研究活動と研究指導ができる研究者、質の高い看護学の教育ができる教育者、知的複眼思考・論理的思考に基づき発展的に看護を実践できる人材を育成できるような教育を行うことを目指します。

 

【ヒューマンケアリングとは】

看護を必要としている人々を慈しみ、かけがえのない人間として世話をし、気づかい、理解し、支えることです。それはあたたかな関係作りからはじまり、その過程において対象者も看護者も共に成長することです。