ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ヒューマン・ケアリングセンター > ヒューマン・ケアリングセンター長からのメッセージ

ヒューマン・ケアリングセンター長からのメッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月1日更新

生涯学習拠点として社会貢献活動を充実させます。

ヒューマンケアリングセンター長顔写真

ヒューマン・ケアリングセンター長 植田 喜久子
 

 ヒューマン・ケアリングセンターでは、本学の教育・実践・研究機能を地域社会と連携・協力し、地域住民の保健医療福祉に貢献することを目的として、生涯学習拠点としての活動を行います。

本センターでは、「地域支援室」と「認定看護師教育室」があります。

「地域支援室」では、
1 地域住民を対象とする健康保持増進に寄与するための活動
2 看護職が保健医療福祉に貢献するための学習支援
3 教職員や学生による地域社会のための活動支援
4 赤十字病院との連携及び廿日市市との包括的連携に基づく活動 に取り組みます。
平成27年度の事業件数31件、延べ参加者数2,086人でした。

「認定看護師教育室」では、摂食・嚥下障害認定看護師教育課程を開設し、質の高い看護実践に向けた学習の機会を提供しております。日本看護協会の審査に合格した認定看護師は、「人生の最期まで口から食べるケア」をめざし、全国で活躍しています。

本学の建学の精神である人道に基づき、地域に開かれた大学として社会に何ができるかについて探求し、皆様方のニーズに柔軟に対応しながら、本センターでの活動の充実をめざす所存です。

 


Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)