ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 看護学部 > カリキュラム(看護学部)

カリキュラム(看護学部)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月11日更新

カリキュラムの基本的な考え方

 日本赤十字広島看護大学のカリキュラムは、「生命の尊厳」と「人類の叡智」を基調とした「ヒューマンケアリング」を基盤としています。
 看護の対象である人間を、生物体としての存在だけでなく、文化的・社会的あるいは歴史的存在として全人的に理解するための「人間を理解する」「知を深める」「関係を深める」3つの領域と、これらの学問的基盤を統合し実践へと導く「技を駆使する」の4つの領域でヒューマンケアリングを実践するためのカリキュラムを編成しています。

科目構成

 授業科目は、「一般教養科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」の3つの科目群に区分され、これらの科目群は「人間を理解する」「知を深める」「関係を深める」「技を駆使する」の4つの領域に配置されています。

一般教養科目  人間形成および学問全般の基盤を身につける。
専門基礎科目  保健・医療・福祉など看護学を学ぶための専門的基盤を身につける。
専門科目    看護学を理論と実践が統合されたものとして学修し、研究的に探究する。

カリキュラム・ナンバリング

 カリキュラム・ナンバリングは、授業科目の教育課程と学修段階を体系的に示しています。教育課程や学修レベルを踏まえた履修を進めるため、全科目にナンバーを付けてシラバスにより公開しています。
 ナンバリングは、以下の2つの文字コードと3桁の数字からなる5桁のコードで構成しています。「区分コード」は教育課程、「領域コード」はヒューマンケアリングの4領域、「レベルコード」は科目のレベルを示しています。

日本赤十字広島看護大学のナンバリングルール

日本赤十字広島看護大学のナンバリングのルール

GPA(Grade Point Average)

 GPAとは、科目全体の平均評価点のことで、算出方法は以下のとおりです。
 GPAは自らの達成度を自己点検・評価するための指標となります。セメスターごとの到達度の評価としては、GPA 2 .5 上を目指して学修に励んでください。保健師教育課程および助産師教育課程を目指す学生は、GPA2 .7 以上を目指してください。
GPA計算式

評価とGP

評価成績GP
2014年度から2015年度入学生
A100点 から 90点4
A89点 から 80点3
B79点 から 70点2
C69点 から 60点1
D59点 以下0
 出席不足・試験欠席0
R既修得単位認定---
評価成績GP
2016年度から2018年度入学生
S100点 から 90点4
A89点 から 80点3
B79点 から 70点2
C69点 から 60点1
D59点 以下0
 出席不足・試験欠席0
R既修得単位認定---

進級要件

本学における進級の要件と判定時期は以下のとおりです。

2014年度から2017年度入学生

 進級の判定は、3年次末に行います。
 3年次までに開設されている必修科目の単位を修得していない学生は、学則第24条第2項に規定する別表1に掲げる4年次開設の必修科目を履修することができないものとします。

2018年度から2019年度入学生

 進級の判定は、2年次末に行います。
 3年次への進級には、成人看護学実習 I を除く、1、2年次配当の必修科目の単位を、2年次末までに全て修得していることを要件とします。

卒業要件

区分必修選択合計単位数

 本学を卒業するためには、本学に4年以上在学し、下表に従って単位を修得することが必要です。

一般教養科目8単位20単位以上
(選択必修4単位以上含む)
51単位以上126単位
専門基礎科目23単位
専門科目75単位---75単位以上

国家試験受験資格別卒業要件

 本学の卒業時に国家試験受験資格を得るためには、下表に従って単位を修得することが必要です。

看護師

 卒業要件と同様

保健師

区分必修選択合計単位数
 
一般教養科目8単位16単位以上
(選択必修4単位以上含む)
51単位以上137単位
専門基礎科目27単位
専門科目86単位---86単位以上

助産師

区分必修選択合計単位数
 
一般教養科目10単位15単位以上
(選択必修4単位以上含む)
55単位以上

151単位

専門基礎科目30単位
専門科目96単位---96単位以上