ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ヒューマンケアリングセンター

ヒューマンケアリングセンター

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

ヒューマンケアリングセンター長からのメッセージ

ヒューマンケアリングセンター長から皆様へのメッセージはこちら。  

 ヒューマン・ケアリングセンター長

認定看護師教育室

認定看護師教育室長ご挨拶

 本学では「摂食・嚥下障害看護」分野の認定看護師教育課程を、平成21年に開設し、今年は8期生を向かえました。当課程では、熟練した知識と技術をもって小児から高齢者までの「摂食嚥下障害や食ケア」の学習を通して専門性を高め、社会貢献できる認定看護師の育成をめざしています。毎年、摂食嚥下障害看護への“志し”を持った人達が全国から集まり、学び合い強い絆で結ばれ巣立っていきます。本課程での学びは、看護を必要としている方達や自身の“人生を良くする”きっかけになることを願って教育環境を整えてきました。
 本学の認定看護師教育課程の特徴は、

  • ヒューマンケアリングの理念による教育と相互成長
  • 第一線で活躍中の講師による講義や演習
  • 看護実践力向上のための技術教育の強化
  • 充実した設備、図書館、実習室、情報処理室等
  • 世界遺産“宮島”が一望できる抜群の学習環境等
  • 公開講座での情報提供や修了生による学習支援等

 摂食・嚥下障害看護認定看護師は、平成28年7月現在全国で671名です。超高齢社会の中で、誤嚥性肺炎や窒息等の予防ケアは急務です。そのためにも多くの方々が看護経験を活かし、認定看護師の扉を開けられることを期待しています。一緒に学びあいましょう!

認定看護師教育課程写真

 

 

 

 


認定看護師教育室長 迫田 綾子

地域支援室

地域支援室長ご挨拶

 地域支援室では、看護職を対象とした活動と、地域住民の方を対象とする活動を展開しています。看護職の方に対しては、研修会や講演会を実施して看護継続教育に貢献しています。一方、地域住民の方に対しては、公開講座や健康教室をはじめ、介護支援や減災教育などに幅広く取り組んでいます。また、地元廿日市市と連携して、地域住民の健康増進や疾病予防に取り組み、人々が地域社会の中で安心して健康に暮らせる社会づくりに貢献しています。

地域支援室写真

 

 

 

 

地域支援室長 矢野 博史