ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 在学生の皆様へ > 最新情報 > 令和3年度の授業、施設利用等の留意点(Ver.8:再々緊急事態宣言下1)

令和3年度の授業、施設利用等の留意点(Ver.8:再々緊急事態宣言下1)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月26日更新

令和3年8月27日から9月12日までを対象期間として、広島県に新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が適用されました。これを受けた広島県からの要請をふまえ、この間、本学としては以下のとおり対応します。

本学では、国の定める医療従事者等として学生・教職員へのワクチン接種を進めましたが、ワクチン接種はあくまで任意です。また、持病等で接種が難しい人もいます。接種したかどうかで人を差別・誹謗・中傷することは決して許されないことを、全員が正しく理解し行動してください。

1. 感染防止対応

・新型コロナウイルスワクチンの発症予防効果が高いことは確認されていますが、感染予防効果は現時点では十分に明らかになっていません。引き続き適切な感染防止対策を行ってください。

  1. 外出の機会と時間をさらに削減し、外出する場合は必ずマスクを着用する。
    また、帰宅や施設への出入り等場面の切り替え時は、手洗いや手指消毒を行う。
  2. 同居する家族以外での会食等は控える。また、弁当類をいっしょに食べる場合であっても、マスクを外す時には会話しないなど、各自が感染防止を心がける。
  3. 家庭内での感染が増加しており、家族にも協力していただき家庭内の感染予防対策を励行する。
  4. 他都道府県との往来については、最大限、自粛する。また、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の対象地域からの来訪者と接触する場合は、感染予防のための対策には万全を期す。
    また、やむをえない理由で往来を行った場合など不安がある場合は、広島県が設置するPCRセンターの無料検査等を積極的に活用する。
     ※対象地域、PCRセンターについては広島県のHPを参照

・自分自身の健康管理のためにも、毎朝検温及び体調管理表の記録を行い、過去2週間分は常時保存してください。

・学内実習の日であっても、風邪症状等がある場合は登校せずに教務学生課に電話連絡し、医療機関への受診等について相談してください。

・次の場合は、必ずチューターと教務学生課まで電話連絡してください。
  ・任意でPCR検査を受検し陽性と判定された場合 
  ・有症状で医療機関を受診し感染が診断された場合
  ・保健所から感染者の濃厚接触者又は接触者と判定されてPCR検査を受検する場合


2. 授業の方法

・後期の授業については、改めてお知らせします。

・実習については次のとおりとしますので、担当教員からの指示に従ってください。
 ・臨地実習は、受入施設と調整し実習前の期間を含めて必要な感染防止対策をとった上で実施する。
 ・上記が困難な場合は、学内実習に切り替える。

・授業や実習の注意・連絡事項は、学務ポータルや大学ホームページをこまめにチェックしてください。


3.学生生活・施設利用

学修のために必要な用件がない場合は、登校は控えてください。また、登校した場合の施設利用は、以下のとおりとします。

(1) 食事について

食堂は休業し、売店のみ時短営業します。登校する学生がいない日は、売店も休業します。
昼食は、食堂・学生ホール・エントランスホール・講義室で、十分な間隔をあけて座り、向かい合わない、短時間で会話せずに食べる、配付した携帯パーテーションを利用するなど感染防止対策を徹底してください。

(2) 図書館、さくらコモンズについて

図書館の開館時間は次のとおりです。館内での会話と長時間利用は原則禁止とします。
  ・平日 8時30分~19時
  ・土曜日 9時30分~17時
  ・日曜日は休館。共同学習室は全日利用不可

さくらコモンズの利用時間は以下のとおりです。1テーブル1人での利用で、食事不可、飲料可とします。
  ・平日 8時30分~19時
  ・土・日曜日は利用不可

(3) 実習室・多目的室について

  ・平日 8時30分~19時
  ・土・日曜日 科目責任者了承のうえ申請を行う

(4) その他の学内での制限について

サークル活動は、禁止します。
自習、休憩で教室・食堂・ホールを利用する場合は、常にマスクを着用し、こまめな換気と消毒、人との十分な間隔の確保を徹底してください。

(5) 通学について

公共交通機関(電車、バス等)での通学は、三密を避け、マスクの着用、会話をしないなど適切に判断して感染防止に努めてください。

(6) 保健室の利用について

保健室は、養護職員がドアを開けるまで入らずに外で待機してください。
学生相談室は、対面のほかオンラインと電話でも対応していますので、保健室で予約の際に希望のカウンセリング手段を申し出てください。

(7)アルバイトについて

勤務先の感染防止対策を確認し、不十分と判断した場合は勤務を控えてください。特に客がマスクを外す飲食店は感染リスクが高いため、慎重に判断してください。
なお、廿日市市ワクチン集団接種会場でのアルバイトは、大学が感染防止対策を確認できていますので継続してください。