ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 在学生の皆様へ > 最新情報 > 【学長からのメッセージ】学生のみなさん及び保証人の皆様

【学長からのメッセージ】学生のみなさん及び保証人の皆様

印刷用ページを表示する掲載日:2021年5月18日更新

学生のみなさん及び保証人の皆様

 例年になく早い梅雨入りとなり体調管理が大変ですが、学生のみなさんには、看護を学ぶ学生としての自覚を持ってしっかりと新型コロナウイルス感染予防対策をとりながら、学修に取り組んでいることと思います。
 一方で我が国における感染拡大が止まる気配はなく、本学が所在する広島県でも5月14日に緊急事態宣言が発出され、集中的な感染防止対策に取り組んでいるところです。
 本学としては、必要な教育は確保しつつ、学生の感染機会を減らし、社会全体で取り組む感染拡大防止に積極的に協力すべきであるとの判断から、5月17日からは授業はすべて遠隔授業とし、実習については学内実習とすることといたしました。
 学生のみなさんにはいろいろと不自由を強いることとなりますが、教育の質を担保するよう教職員をあげて対応していきますので、ご理解いただき、変わらず学修に取り組んでくださるようお願いします。

 こうした緊急事態の中で、学生の皆さんに改めてお願いしたいことは、一人ひとりが自覚と責任を持って感染予防行動を徹底することです。
 本学ではこれまでに感染が確認された人はありませんが、濃厚接触者としてPCR検査を受検した学生は少なからずおり、本学でいつクラスターが発生してもおかしくない状況が続いています。
 学内実習で登校した場合にも決して気を緩めることなく感染対策には万全を期し、また私生活の場面でも既にお願いしている家族以外との会食や広域の移動の自粛についても重ねて徹底してください。

 また、本学としては、学生のみなさんの一人ひとりの状況に応じた支援も考えていきますので、困ったことがあれば迷わず教職員に相談してください。
 保証人の皆様におかれましては、このような本学のおかれた状況と対応についてなにとぞご理解をいただき、学生に対し変わらぬご支援をお願い申し上げます。

 末筆ながら、一日も早く事態が終息し、学生が何不自由なく学修やサークル活動に取り組めるキャンパスが戻ってくることを祈念しております。

 

     令和3年5月18日

                                       学長 田村 由美