ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 在学生の皆様へ > 最新情報 > 【学長からのメッセージ】学生の皆さんへ

【学長からのメッセージ】学生の皆さんへ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月5日更新

学生のみなさんへ

遅い梅雨明けとともに30度を超える猛暑の夏になりました。
学生の皆さんは、前期の期末試験も大詰めを迎え、夏季休業に入ります。
夏季休業を前に、皆さんのこれまでの頑張りに敬意と感謝の気持ちをお伝えするとともに、夏季休業中も積極的感染予防行動を続けていただくよう要望します。

今年度は4月当初から新型コロナウイルス感染症拡大により、感染患者数の増減や発生地域等の情報に日々戸惑いや不安を感じながら、いつもと異なる日常での学生生活になっています。新入生の方は学友もできにくい状況でした。2・3年生は実習科目が多く、さらに4年生は就職試験など、気をもむことが多い日々でした。そんな状況にあっても本学の学生の皆さんがコロナウイルス感染症にかかることなく、無事に前期の課程の履修を終えられることを大変うれしく思います。
これは偶然でしょうか。いいえ、必然です(そう思いたいです)。
学生の皆さん一人一人が、本学で看護学を学ぶ学生としての自覚を持ち、提示された新型コロナウイルス感染症予防対策行動をしっかり守って学習生活をされた結果だと思います。学内での感染症予防行動に限らず、通学経路でどのようにしたら感染のリスクを軽減できるか、アルバイトをどうするか、一人暮らしの学生の方は、どのように生活をしたら感染を防ぐことができるかなど、日常生活すべてにおいてよく考えて適切な行動していたからだと思います。
一方で、本学から感染者が出ていないとはいえ、一部の学生の方の街中・レストラン等での不適切な行動に市民の方から厳重注意が届いていることを大変残念に思います。

現状は… 再び新型コロナ感染症患者数が全国的に増えています。広島県も同様です。そのため、国民の多くが家庭内での生活、外出時の行動にとても敏感になっています。他者の行動にも、とても敏感です。
学生の皆さん、今一度、自分がどんな生活行動をしているか、振り返ってみましょう。
皆さんの行動が今も最前線でコロナとの闘いに頑張っておられる医療従事者(看護師の諸先輩)の負担軽減にもつながっています。そのこともよく考えてください。後期の授業が始まる頃にはコロナ禍が収束しているだろうという楽観視は禁物です。夏季休業中に県を越えて帰省される学生もそうでない学生も、引き続き、よく考えて感染予防対策行動をして過ごしましょう。そして、全員そろって後期も授業(講義、演習、実習)に参加できることを期待します。

本学では今後も学生の皆さんの学修を最大限保証できるよう教職員一同準備をしていきます。そして、夏季休業期間中であっても必要時学生の皆さんへの連絡周知は行っていきます。

                                         学長 田村由美