ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > アイコン選択用 > お知らせ > 日本赤十字社社長・日本赤十字学園理事長にご講演いただきました

日本赤十字社社長・日本赤十字学園理事長にご講演いただきました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月11日更新

令和元年10月16日(水曜日)に日本赤十字社社長・日本赤十字学園理事長 大塚義治様をお招きして、開学20年記念特別講演会を開催しました。

大塚理事長は、本年7月に日本赤十字社社長に就任されました。本学でのご講演は5年ぶりとなり、多数の学生が聴講に訪れました。

講演会では、「看護の道を志す皆さんへ」と題して、赤十字の大学で学ぶ学生に向けて、赤十字の看護教育の成り立ちや日本赤十字社の活動、さらには看護を取り巻く課題や今後の展望についてお話をしていただきました。

また、2005年に開催された愛・地球博の「国際赤十字・赤新月館」で実際に使用された映像、東日本大震災の際の日赤救護班や赤十字病院の活動などについてお話を聞かせていただき、学生たちにとって貴重な経験となりました。

日本赤十字学園の理事長としてだけではなく、日本赤十字社社長としての多岐にわたる滅多に聞くことのできないお話ばかりで、学生のみならず、教職員も聞き入っていました。

学生からは「講演会を聞いて、赤十字の学校に入り、看護職という道を選んで良かった、と改めて強く思った」や「赤十字の大学で勉強している一人として何ができるのか、何をしなければならないのかを考えるきっかけになった」等の感想が寄せられました。

理事長のお話にありましたように、学生の皆さんが、卒業後、本学で学んでよかったと思っていただけるよう、地域の皆様のご支援をいただきながら取り組んでまいります。

理事長講演風景