ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

看護継続教育研修会を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月12日更新

研修会実施のご報告

 このたび、コロナ禍における感染予防対策等の観点から、初の試みであるオンデマンド研修を実施いたしました。
 看護以外の医療・保健・福祉専門職の方からもお申し込みいただき、参加者の合計は111名でした。

 テーマについては「今の課題にマッチしている」「IPWの理解を深めることができた」、実施の形態については「自分の都合の良い時間に視聴できる」「大学から遠方でも参加できて良い」とのご意見をいただきました。その他にも多数の方から寄せられた受講アンケートの結果は、今後の企画の検討材料として活用させていただきます。

 初めてのオンデマンド研修会であり、ご不便をおかけしたこともあったかと存じますが、多くの方にご参加いただきましたことを心より感謝申し上げます。

地域支援推進委員会


研修会の概要

テーマ IPWにおける新型コロナウイルス感染症対策の実際
講 師 日本赤十字広島看護大学 学長 田村 由美
形 態 オンデマンド配信
期 間 2021年1月18日から1月31日
内 容 IPW(多職種連携・協働実践)の基本的知識と必要性について理解し、特に現在求められている新型コロナウイルス感染症対策におけるIPWの実際を紹介します。
    IPWにおける看護師の役割を理解し、実践現場でIPWを推進することを目指します。
    1.IPWの必要性と基本的知識
    2.新型コロナウイルス感染症対策におけるIPWの実際(事例をIPWの観点から検討)
    3.IPWにおける看護職の役割