ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 図書館 > 学部生・院生・教職員の方へ

学部生・院生・教職員の方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

※図書館の利用には「学生証」(学部生・院生)、「職員証」(教職員)が必要です。

1.開館時間

月曜日~金曜日 8時~20時(一般利用者は9時~17時)
        ※貸出等のサービスは9時~
土曜日 9時30分~17時(一般利用者は利用不可)

※館長が必要と認めた場合は、時間を変更することがあります。

2.休館日

日曜日、国民の祝日、日本赤十字社創立記念日(5月1日)、 年末年始(12月28日~1月4日)、蔵書点検期間、入学式、卒業式、入学試験日、大学祭、館長が必要と認めた日(別途掲示します)

3.入館システム

入口ゲート右側にあるICカードリーダーに「学生証」または「職員証」をかざしてください。
ゲートが開いたら1人ずつ入ってください。

4.閲覧

館内の図書、雑誌、視聴覚資料等は、自由に閲覧することができます。 利用した資料は、元の場所に戻してください。 ただし、AV架の資料を視聴する場合は、カウンターで手続きが必要です。

5.貸出

貸出を希望する資料に、「学生証」または「職員証」を添えてカウンターで貸出手続きを行ってください。通常貸出の貸出冊数と貸出期間は、下記のとおりです。

利用者貸出冊数貸出期間
学部生5冊2週間
院生10冊2週間
教職員10冊2週間

なお、実習貸出、長期貸出、研究貸出等は別途掲示します。

6.ブックディテクションシステム(BDS)

貸出手続きを行わずに、資料を館外へ持ち出そうとすると、出口のブザーが鳴り、ゲートがロックされます。この場合は、図書館員の指示に従ってください。

7.貸出禁止資料

参考図書(辞書、事典、年鑑、便覧等)や視聴覚資料(ビデオ、DVD)等、禁帯出ラベル・シールの貼られている資料と雑誌、製本雑誌、新聞は、原則として貸出できません。

※禁帯出資料一時貸出について
教員については、授業準備等での一時貸出を実施していますので、カウンターに申し出てください。一定期間の貸出を設定します。

8.予約

利用したい資料が貸出中の場合は、予約することができます。 図書館ホームページ「蔵書検索」の検索結果画面から申し込んでください。 各自の予約状況は、図書館ホームページの「マイライブラリ(18)」で確認できます。

9.延長

貸出期間内であれば、予約者がいない場合、貸出期間を延長することができます。 貸出資料を持って、カウンターで延長手続きを行ってください。

10.返却

期限日までにカウンターへ返却してください。
各自の返却期限日は、図書館ホームページの「マイライブラリ(18)」で確認できます。 返却期限は厳守してください。 閉・休館時は、図書館事務室入口横の返却ポストに返却してください。 返却が遅れた場合、貸出を一定期間停止することがあります。

11.蔵書検索

図書館で所蔵する資料は、インターネットを利用してOPAC(Online Public Access Catalog)で検索することができます。

12.相互利用

利用したい資料が、当館にない場合、図書館員に相談してください。
他大学の図書館等で所蔵している場合、次のような方法で、利用を申し込むことができます。

  1. 複写を依頼する
    図書館を通じて他大学へ著作権の範囲内で文献複写の申し込みをすることができます。
    ただし、複写料金、郵送料金等は利用者負担となります。
  2. 図書を借りる
    図書館を通じて他大学の図書館から図書を借りることができます。
    ただし、郵送料は利用者負担になります。
    借り受けた図書は、館内での利用となります。
  3. 直接利用する
    他大学の図書館等を利用するときは、図書館員にご相談ください。

13.コピー

図書館所蔵の資料は、教育、調査、研究を目的とする場合に限り、著作権の範囲内で一人一部、館内のカード式コピー機でコピーすることができます。
その際必ず「図書館資料複写申込書」に必要事項を記入して、カウンターに提出してください。
館内コピー機の利用時間は、閉館15分前までです。
コピーカードは、事務局横の発券機で1枚1,000円(白黒100枚分)と3,000円(白黒330枚分)を販売しています。なお、館内コピー機は図書館所蔵資料専用です。持ち込み資料やノート等のコピーは、3階就職コーナーのカード式コピー機や、1階売店のコイン式コピー機及び教材作成室(教員限定)をご利用ください。

14.情報検索

検索コーナーの端末を利用して、蔵書やデータベース等の情報検索ができます。

15.学習室、共同学習室

2階の学習室(定員1人)、3階の共同学習室(定員6~12人 注:1人での利用は不可)の利用を希望する場合は、カウンターで手続きを行ってください。

16.AVコーナー

視聴を希望する資料に、「学生証」または「職員証」を添えてカウンターで手続きを行ってください。手続き後、ヘッドホンとリモコンを渡します。
視聴が終了した資料とヘッドホンとリモコンはカウンターへ返却してください。
ビデオ、DVDの視聴は、図書館所蔵資料に限ります。持ち込み資料の視聴は禁じます。 実習室や研究室のビデオ、DVDを視聴したい場合は、図書館員にご相談ください。
また、教員に限り、授業準備等での一時貸出を実施していますので、カウンターに申し出てください。一定期間の貸出を設定します。

17.購入希望

研究、学習等に必要な図書、視聴覚資料等がありましたら、館内にある所定の用紙に必要事項を記入し、カウンターへ申し込んでください。

18.マイライブラリ

図書館ホームページから、利用者IDとパスワード(学内のパソコン利用と共通)でログインできる<あなた専用>の図書館ツールです。「マイライブラリ」の情報は個人情報です。利用が終了したら、必ずログアウトしてください。

  • お知らせ:図書館からの連絡事項が表示されます。
  • 借用中の資料:現在借りている資料や、その返却期限が表示されます。
  • 入手待ちの資料:予約した資料や学外からの資料の到着状況などが表示されます。
  • マイフォルダ:資料の検索結果の保存等ができます。
  • 情報:
    ・学外からの取り寄せ:他大学からの文献の取り寄せの申し込みができます。
    ・貸出履歴:過去4年間に借りた資料が一覧できます。
  • データベース:CINAHL with Full Text、MEDLINE with Full Text、DynaMed を学外から検索することができます。

マイライブラリ

19.利用マナー

  1. 館内では、静かにしてください。
  2. 飲食はしないでください。
  3. 携帯電話等の電源は切るか、マナーモードにし、通話は館外で行ってください。
  4. 資料は、大切に取り扱い、切り取り、書き込み、汚損、紛失等をしないでください。これに反した場合は、弁償をしていただくことがあります。
  5. 自分の借りた資料を、さらに他の人に貸さないでください。
  6. 貴重品は常に携帯し、所持品の管理は、各自で責任を持ってください。
  7. 他の利用者の迷惑になることはしないでください。
  8. その他、図書館員の指示に従ってください。