ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > アイコン選択用 > お知らせ > 緊急事態宣言及び休業要請を受けた本学の対応について

緊急事態宣言及び休業要請を受けた本学の対応について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月21日更新

 新型コロナウイルス感染症拡大にかかる緊急事態宣言が全国の都道府県に拡大されました。これを受けて、広島県からも緊急事態措置として県内一斉の学校休業が要請されております。
 本学では、これまで学部生の授業の開始を延期するとともに、構内立ち入り制限や施設利用規制を行ってまいりましたが、この度の宣言及び要請を受け、今後は次のとおり対応することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
 なお、今後の状況によって対応を変更・追加する場合があります。その場合、学生の皆さんにはメールで、関係者の皆様には本学ホームページで最新情報をお伝えしていきますのでご承知おきください。

1 4月22日~5月6日の間の対応について
 
図書館を休館するほか、大学は休業体制をとりますので、出勤している教職員は最少人数になります。
  このため、電話やメールをいただいても対応に時間を要する場合がありますので、ご了承をお願いします。
 なお、この期間は学生(大学院生を含みます。)の大学構内への立ち入りを禁止し、大学施設の利用もできません。やむを得ない事情又は緊急の場合は、大学事務局に電話(0829-20-2800)で事前にご相談ください。
  また、学外の方や業者の方は、用務先の事前承諾があれば入構を認めますが、建物内への立ち入りは原則として禁止します。どうしても立ち入りが必要な場合は、管理者の判断で認める場合がありますので、電話で事前にご相談ください。

2 5月7日以降の対応について
 休業体制は解除する予定ですが、状況に応じて段階的に出勤者数を増加させていく予定ですので、十分な対応ができない場合があることをご了承ください。
 また、授業日程・方法や入構制限等については次のとおりです。

(1)授業の日程変更・方法について
ア 遠隔授業の実施について
  前期の授業開始日を5月7日から5月11日に変更します。
  当分の間は、オンラインにより行います。(この日程は基本で、既に遠隔授業を開始している学部・大学院の科目は継続します。)
 オンラインによる授業には、大きく分けて、ウェブ会議システム等を使ってリアルタイムに行う双方向型と、教員が授業の資料や動画を用意して、学生が都合のよい時にアクセスして受講するオンデマンド型がありますが、本学では、学部はオンデマンド型で、大学院は双方向型で行います。
  なお、操作方法等の詳細は、4月27日までに学務ポータルシステムから学生の皆さんにメールでご案内いたしますので、あらかじめ目を通して習熟に着手しておいてください。操作方法についての問い合わせは、5月7日以降事務局情報センターへお願いします。
イ 対面授業の実施予定について
 対面授業は、状況が好転して緊急事態宣言が解除された場合に、帰省で遠隔地に移動していた方も参加できる時期から、段階的に開始する予定です。(早くても5月25日以降です。)
 また、対面授業を行う場合は、濃厚接触にならないよう、収容力の大きい教室を使用し、授業内容や授業形態を工夫し、換気・消毒などと合わせた感染防止策を徹底します。
 なお、対面授業開始後も、実習先の状況によっては日程を変更する場合があります。

(2)大学構内への立ち入り等について
  学生の立ち入り禁止措置のみ解除します。ただし、遠隔地に移動していた方は帰広後2週間を経過するまで構内への立ち入りを禁止します。

3 その他
 学生の皆さんは、毎日の体温測定と体調を確認し、それを記入した体調管理表(ガイダンス等で配布済)を登校時に持参してください。
 また、「三密」の回避を徹底し、健康にいっそう留意して、感染しない、感染させない行動を心がけるとともに、万が一、感染した時のために、毎日の行動の記録にも努めるようにしてください。
 なお、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合には、まず、広島県の相談窓口広島県新型コロナウイルス感染症まとめサイト(外部リンク)参照)に相談し、罹患が判明した場合には、大学(0829-20-2800)に速やかに連絡してください。
 また、感染者の濃厚接触者とされた場合や、感染のおそれがあると判断される場合にも、大学に連絡してください。
 ※感染のおそれがあるために授業(対面)を休んだ場合も公欠として扱います。
 無理して大学に来ないようにしてください。(症状が回復しても48時間は登校できません。)

 今回の緊急事態措置を受けて本県でも休業するところが多く、社会経済に影響が生じ始めています。
 学生の皆さんに、生活費が不足したり保証人の方の家計が急変したりするようなことが起きていないか案じられますが、そのような場合、本学では学費の納入延期や分納、奨学金制度の活用なども考えられますので、まずは大学にご相談をお願いします。