ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 一般の皆様へ > 最新情報 > 平成28年度 学位記授与式を挙行しました

平成28年度 学位記授与式を挙行しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月16日更新

平成29年3月14日(火曜日)に、平成28年度学位記授与式を挙行し、看護学部卒業生145名と大学院修士課程修了生8名が笑顔で巣立っていきました。
学位記授与式 全景 
学部卒業生の答辞では、「私たちの卒業は学びの終わりではなく、看護師、保健師、助産師としての始まりであることを忘れず、専門職として自己研鑽に努めていきたい」と述べました。また、大学院修了生の答辞では、「仕事をしながらの大学院生活は、学習時間の確保の難しさや睡魔との戦いがありましたが、学修を積み上げるにつれて自然と看護の現場でも活かせるようになりました。叱咤激励しあった仲間たちは、生涯のかけがえのない存在です。」と涙で言葉をつまらせながらも、それぞれの思いと感謝の言葉を述べました。
参列した保護者や教員も、涙と笑顔のあふれる温かな式典となりました。


Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)