ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 一般の皆様へ > ヒューマンケアリングセンター > 認定看護師教育課程「摂食・嚥下障害看護」の開講式を行いました

認定看護師教育課程「摂食・嚥下障害看護」の開講式を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月15日更新

平成29年6月1日(木曜日)、認定看護師教育課程「摂食・嚥下障害看護」の開講式を行いました。約半年間、専門的な研修を受けるために全国各地から集まった第9期研修生27名は、少し緊張した面持ちで式典に臨みました。

全景学長挨拶
小山学長は、大学環境を十分に活用して学びを深め、食べることの喜びを患者さんへ届けるための技と知識を身につけて欲しいとエールを送りました。

来賓祝辞代表挨拶
また、来賓の広島県健康福祉局 地域包括ケア推進部長と広島県看護協会長からは、専門知識を持った看護師として一日も早い活躍を期待していると激励されました。

研修生代表挨拶では、「『食べる』ということは、生きていく中で最も基本的な行動であり、最も生命に直結する行動です。患者さんが安全で安心して楽しく笑顔で食べることができるように、意欲的に学び、専門的知識・技術はもちろん、人間的成長も目指します。」と決意しました。 

式典後の交流会では、開講式に駆けつけた前年度修了生たちから研修生活の過ごし方や、勉強方法等のアドバイスを受け、翌日からの研修生活に期待が膨らませました。


Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)