学校法人 日本赤十字学園 日本赤十字広島看護大学

1つ前に戻る

認定看護師教育課程

ヒューマン・ケアリングセンター 認定看護師教育課程

 近年、加齢や発達上の問題、疾病・治療による摂食嚥下機能に障害をもつ人に対して、医療機関や介護施設、在宅など、さまざまな場所でより専門的で高度なケアが提供できる看護師が求められています。このような状況を踏まえて、本学では、平成21年6月より、ヒューマン・ケアリングセンターに西日本では唯一の「摂食嚥下障害看護」分野の認定看護師教育課程を開設いたしました。平成27年度は第7期となります。

※認定看護師については、日本看護協会のホームページのこちらをご参照下さい。

新着情報

「摂食・嚥下障害看護分野」の概要

教育理念

 赤十字の基本理念に基づき、豊かな人間性と幅広い教養を涵養し学問的基盤に立ち、生命の尊厳と人類の叡智を基調とした真のヒューマン・ケアリングを実践・指導する専門的能力の育成を教育理念とします。

教育目的

 熟練した看護技術と専門的知識を用いて水準の高い看護を実践することができ、それらを基盤として他の看護師への指導・相談を行うことと共に、自らの実践力を自立的に向上することができる認定看護師を育成することを目的とします。

摂食・嚥下障害看護分野における教育目的

(1)摂食嚥下障害のある患者に対し、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護実践ができる能力を育成する。

(2)摂食嚥下障害のある患者の看護において、看護実践を通して他の看護職者に対して指導ができる能力を育成する。

(3)摂食嚥下障害のある患者の看護において、看護実践を通して他の看護職者に対して相談対応・支援ができる能力を育成する。

期待される能力

(1)摂食嚥下障害の原因疾患・治療に関する知識から、摂食嚥下障害の病態 を理解することができる。

(2)脳神経・筋骨格系フィジカル・アセスメント及び摂食嚥下機能評価法を用いて、摂食嚥下機能を評価することができる。

(3)チーム医療における看護の立場から、摂食嚥下障害患者の機能帰結(治療効果)を踏まえて、目標設定をすることができる。

(5)摂食嚥下障害患者の呼吸状態、栄養状態、体液平衡状態について評価することができる。

(6)誤嚥性肺炎、窒息、低栄養、脱水などを予防し、摂食嚥下障害の増悪を防止するなどのリスク管理ができる。

(7)摂食嚥下障害のある患者の「食べる」権利を擁護し、患者・家族の意思決定を尊重した看護を実践できる。

(8)摂食嚥下障害に対する訓練法及びリスク管理の方法について、安全に在宅療養できるように患者及び家族に対して具体的な指導ができる。

(9)摂食嚥下障害看護の実践を通して、看護職者に対して役割モデルを示すとともに具体的な指導ができる。

(10)摂食嚥下障害看護について、看護職者に対し具体的に相談対応・支援ができる。

(11)医師、歯科医師、言語聴覚士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、栄養士などの他の専門職と積極的に協働し、チーム医療としての摂食嚥下リハビリテーションを推進するための役割を果たすことができる。

摂食・嚥下障害看護認定看護師の役割と特徴

・専門性の高い認定看護師による指導、相談により施設全体の看護力が向上します。
・認定看護師の名称を広告として使えます。
・摂食・嚥下障害看護認定看護師等による摂食機能療法で診療報酬の算定ができます。
・栄養サポートチーム(NST)活動や加算に摂食・嚥下障害看護認定看護師が貢献できます。

入試情報

平成28年度の入試は終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。 
平成29年度(9期生)の入試は、平成29年2月14日(火)の予定です。

受験資格

日本国の保健師、助産師および看護師いずれかの免許を取得後、通産5年以上の実務研修、そのうち通算3年以上は摂食・嚥下障害看護分野で実務研修していること。

教育課程入学時の条件

(1)通算3年以上、摂食・嚥下障害患者が多い保健医療福祉施設または在宅ケア領域での看護実績を有すること。
(2)摂食嚥下障害患者を5例以上担当した実績を有すること。
(3)現在、摂食嚥下障害患者の看護に携わっていることが望ましい。

教育内容・授業時間数

教育内容

「摂食嚥下障害看護」分野における教育目的に添って、以下の科目を開講します。平成27年4月に本分野のカリキュラムが改正となりました。共通科目、専門基礎科目、専門科目、特別講義で構成しています。特別講義は、成人学習者講座、赤十字理念、ヒューマン・ケアリング理論等があります。

学科および授業時間数

共通科目(選択 専門基礎科目 専門科目 演習/臨地実習
看護管理 15 リハビリテーション総論 30 フィジカル・アセスメント論 45 演習 60
リーダーシップ 15 摂食・嚥下障害病態論 30摂食・嚥下訓練技術論 30 臨地実習 180
文献検索・文献講読 15 摂食・嚥下機能評価論15 リスクマネジメント論 45    
情報管理 15 摂食・嚥下障害病態各論 454.摂食・嚥下障害援助論 45
看護倫理 15
 
 
指導15
相談15
臨床薬理学 15
医療安全 15
時間数 135   120   165   240
総合計/660時間

課程スケジュール

6月 1日(水) 入学式 交流会
29日(水) 修了生フォーロアップ研修
8月 12日〜14日 夏季休暇
9月 5日(月) 実習指導者会議
29日(木)、30日(金) 施設見学
10月 11日(火) 実習開始
11月 10日(木) 実習終了
22日(火) 事例発表会
29日(火) 修了試験
12月 9日(金) 修了式

平成27年度日本赤十字広島看護大学
認定看護師教育課程「摂取・嚥下障害看護」修了式

平成27年12月第7期生修了式


研修のひとコマ

研修の様子はこちら

教員紹介

教員

認定看護師教育室長 主任教員:迫田 綾子(日本赤十字広島看護大学 特任教授)
専任教員:原田 裕子(日本赤十字広島看護大学 助教)

非常勤講師

摂食嚥下リハビリテーション、看護分野における第一線で活躍されている方に非常勤講師として授業を担当していただいています。演習は、実践力向上のため少人数で体験型学習を取り入れています。

平成28年度公開講座

認定看護師教育課程の授業の一部を一般公開します。専門的知識や技術を研修生と一緒に学びましょう。当日は、認定看護師課程の受験相談会も開催します。講義の一部は、摂食嚥下リハビリテーション学会認定士単位セミナーとなります。お申し込み、問い合わせは地域支援室のページを参照下さい。

平成28年度の公開講座は、6月~8月間で4回です。詳細はこちらをご覧ください。

◆平成28年度の公開講座担当講師<敬称略>
岡本隆嗣:西広島リハビリテーション病院(病院長)
6/30「「摂食嚥下障害とリハビリテーション」

迫田綾子:日本赤十字広島看護大学(特任教授)
6/30「食支援のための倫理とケア」

沖田 啓子:広島国際大学(教授)
7/11(月)コミュニケーション能力と構音のアセスメント

小山珠美:NPO法人口から食べるしあわせを守る会理事長
7/30「脳血管障害及び高次脳機能障害と摂食嚥下障害看護」

綾野理加:綾野歯科医院(副院長)
8/24「小児における基礎及び直接訓練の方法と適応」

 

フォローアップ研修

課程終了後も認定看護師としての実践力を強化していくことが求められています。 フォローアップは、①課程修了の翌年、授業聴講(無料)、②年1回の活動・報告と講演会、③演習サポーター等を実施しています。

平成28年度案内はこちら[PDF]

平成27年度紹介はこちら[PDF]

修了生メッセージ

実際に本学で学んだ修了生の生の声を確認できます。

修了生メッセージ

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります