学校法人 日本赤十字学園 日本赤十字広島看護大学

1つ前に戻る

学長メッセージ

学長からのメッセージ

学長からのメッセージ

日本赤十字広島看護大学 学長 小山 眞理子

日本赤十字広島看護大学は、日本赤十字学園の中国・四国ブロックの拠点校として2000年に開学しました。赤十字の人道の理念に基づき、国内外の保健・医療・福祉の分野で幅広く活躍できる有能な人材を育成し、看護学の発展及び人類の福祉の向上に寄与することを目的としています。この目的の達成に向けて、豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、生命(いのち)の尊厳と人類の叡智を基調としたヒューマン・ケアリングの実践者としてリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指しています。
また、2004年より看護専門職者としての高度な実践能力並びに研究・教育能力の育成を目指して看護学研究科修士課程が開始され、2016年4月には大学院博士課程も開設しました。博士課程は、日本赤十字学園の5つの大学院による共同大学院であり、他の大学院の教授の授業を受けることもできるというメリットがあります。大学院では14条特例(大学院設置基準に基づく土曜、夜間の開講)や長期履修制度を導入し、看護職としての仕事と大学院の学びを両立できるように配慮しています。

現代は将来の予測が困難な時代であるといわれています。また、さまざまな分野でグローバル化が急速に進んでいます。今後の医療のあり方も、病院での治療をできるだけ短くして、地域で療養生活を続けるための政策も出されています。このような時代にあり、未知の時代を切り開いていく力や知識や技能を活用して複雑な問題を解決していくための思考力が求められます。本学では、このような社会の変化に対応していくための基礎力を身につけた社会人を育成します。さらに、看護職としての専門知識・能力を備え、社会の変化に対応して新たな知識や能力を修得できる資質を有し、これからの保健・医療・福祉を支える質の高い専門能力を有する職業人の育成をめざしています。大学院においては、看護教育・研究者、または、高度な専門技術・技能を備え、組織や業務をマネジメントする力を有する高度実践看護師などこれからの保健・医療・福祉の向上を先導するリーダーとしての人材を育成します。

教育・研究活動に加えて、地域社会との連携・協働による健康で安全なまちづくりへ貢献し、地(知)の拠点としての機能を発揮するための様々な活動も本学の重要な使命であり、地域とともに在り、発展する大学を目指しています。世界遺産である厳島神社が見える自然豊かなキャンパスで皆様方とともに学習するのをお待ちしています。 

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります